News新着情報

地球と家計にやさしい省エネリフォーム 投稿日 2020.04.17

太陽光サムネイル

今、世界で大きな課題となっている地球温暖化。日本でも、地球温暖化による気候の変化で影響が出てますよね。

みなさんも良く耳にすると思いますが、夏には「危険な暑さ」というフレーズや、暑い日は屋外での運動を中止するように!とよく報道されています。今年の冬も暖冬で雪が降らず、今後スキー場はどうなっていくんだろうと心配になりますよね。

 

そして近年は大型台風も多く発生し、家屋の損害、停電や断水、河川の氾濫など様々な被害が発生しています。実は、日本は世界で5番目に多くCO2を排出しているそうなんです。大国と違って日本は小さな国なのに、世界で5番目ってすごいことですよね。

 

では、家庭からはどのくらいのCO2が出ているのでしょうか?

 

出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

 

車が一番多いのかなと思ってたら、毎日の普段の生活からの排出量が約7割…いろいろなモノが便利になったけど、便利なものは電気を使いますもんね(´·ω·`)

このままCO2を大量に排出し続けて、地球の気温上昇が続いたらどうなるか。とても怖い話ですが、”あと10年で人類生存限界ラインに到達する”と言われているそうです。

 

「え……?ヽ ( ꒪д꒪ lll)ノ」

このままではマズい。それはもう誰もが分かりますよね…。

 

私たち一人ひとりが省エネや創エネをもっと意識し、家庭からのCO2排出量を減らすことは必須なんです。

 

では、一般家庭では具体的にどうすればいいのか。方法のひとつとして、地球環境と家計に優しい省エネリフォームをオススメします!

省エネリフォームとは、太陽光発電を設置し、給湯器は灯油を使わない「エコキュート」、キッチンコンロはガスを使わない「IHクッキングヒーター」に交換し、オール電化住宅にリフォームすることです。太陽光で電気をつくり、オール電化住宅にすることで、CO2の排出を削減することができるだけではなく、光熱費も抑えられてとても経済的です♪

 

経済的って、どれくらい光熱費が安くなるの?どれくらいCO2の排出を削減できるの?

そう思いますよね。では、Sさんを例としてシミュレーションしてみましょう!

 

◎4人家族のSさん。月々の光熱費は、

・電気代 14,000円

・ガス代       6,000円

・灯油代 12,000円


合計  32,000円

 

そんなSさんが、リフォームローンを利用して省エネリフォームをすると…太陽光とオール電化工事の総工事費用は¥2,590,000円※

◎これを月々の支払いでみると、

・電気代   2,970円

・ガス代           0円

・灯油代        0円

・ローン 17,330円※


合計  20,300円

 

32,000円-20,322円=月々11,700円もお得になりました♪

 

※太陽光6.3kwを設置、エコキュートとIHクッキングヒーターにした場合の見積金額です。
※ローンの条件は、頭金0円、金利2.55%、15年返済でシミュレーションしております。

 

省エネリフォームによるCO2の削減効果は、年間で約3.5トン!工事にお金はかかるけど、その後の生活費が安くなる。そして環境にも優しい住宅になる。

そこに気付いて頂けたら嬉しいです!(^^)

ウチも省エネリフォームしてみようかしら…?そうお考えの方へ。

 

実は太陽光発電は屋根の面積や向きによっては設置できない場合があるんです。設置できたとしても、充分な発電量を見込めない枚数しか設置できない場合もあります。

そこでまずは、あなたのお宅の屋根に太陽光を設置できるのか、そしてどのくらいの枚数(kw)が設置できのか、住宅のプロが診断しますよ!

 

 診断でお金は頂きません。屋根の無料診断をご希望の方は下記よりいつでもお申込み頂けます!みなさんのお申込み、スタッフみんなでお待ちしてます(≧◡≦)♪

 

 

 

LINEからのお申込みはこちら♪

「屋根診断」

とメッセージをお願いします。

一覧へ